のぼりの生地で差別化したい。ポンジとトロピカルの違いは?

のぼりの生地の大半は安くて効果の高いテトロンポンジです。

トロピカルは生地の耐久性としてはおすすめですが、初心者のうちは生地よりデザインに注力しましょう。

▼需要の大半90%はテトロンポンジ。

のぼりの生地の大半は通称ポンジとも呼ばれているテトロンポンジという生地で、シェアは需要全体の90%以上になります。

その理由は、何といっても安価で経済的であること。

さらに生地の特性から、風に良くなびく、裏抜けが良いなどもあげられます。

裏抜けとは、風になびいてのぼりが裏返っても、表面の文字が透けて良く見えること。

また軽いので扱いやすく、女性でも簡単に扱えるなどの利点もあります。

▼生地が厚く耐久性抜群のトロピカル。

トロピカルはテトロンポンジにくらべて生地が約2倍と厚く、耐久性にすぐれています。

ただし生地が厚いためにテトロンポンジのように、良く風になびいたり裏抜けが良くて宣伝効果を高めたりといったのぼり特有のメリットは薄れます。

設置場所が特殊で生地の傷みが激しいなどの事情がある場合に有効です。

のぼりの他、タペストリーや横断幕・懸垂幕にも使用されています。

▼のぼりの生地には他にも数種類ありますが、特殊な事情がない限り“生地よりもデザイン”に重点を置くほうが良いでしょう。

のぼりは設置してみなければわからないことが多数あります。

初心者のうちは生地にこだわるより、のぼり全体の色使いやタイトルの入れ方、要素の絞り込みなどに注意を払ったほうが出来映えが良くなります。

のぼり店の見本を参考に、どうすれば満足度の高い作品が作れるのかチャレンジしましょう。

□シンプルですが、印象的なデザインののぼりを見つけました。⇒【茨城新聞】常陸秋そばをPR 常陸太田、提供店 のれん・のぼり旗制作