のぼりのデザイン変更は有料ですか?発注でよくある失敗は?

のぼりのデザイン変更は、のぼり店に責任がない限り有料になります。

通常の範囲の修正なら2回までは無料です。

修正ややり直しをなくすには、最初の段階での詳細な伝達が何より重要です。

▼デザインのやり直しには別途費用がかかる。

自分で作ったとしても、のぼり店に依頼したとしても、デザインが気に入らない場合は、修正をするなり一からデザインし直すなどの策が必要です。

但しその場合は、“どちらに責任・落ち度があってそうなったか”で、言い争いになることがあります。

またスムーズにすすんだとしても、のぼりの最終納期は当初の予定よりズレる可能性が高いです。

修正ややり直しの原因が発注者側にある場合は、その分の費用が必要になります。

▼3回目からのデザイン修正は有料になる。

のぼり店では、最初に利用者から預かったイメージデザインやスケッチ・要望書をもとにデザインしているはずです。

それを了解したうえでデザイン修正を希望する場合は、程度にもよりますが大半ののぼり店が、「2 回目までは無料。3回目からは有料」というようなシステムになっています。

大幅な修正とかやり直しは別途料金になります。

修正後のデザインを確認した校了後のデザイン修正は受けてもらえません。

▼のぼりのオーダー(デザイン・レイアウト・色使いなど)は最初が肝心です。

お任せでないなら細かなメモ書きを用意しましょう。

のぼり店のスタッフはプロであっても、具体的な指示のないイメージ伝達では受取り方に違いが出てしまいます。

要望書、メモ書き、サムネイル~。

何でも良いので自分の意図がはっきり伝わるような細かな指示書を作成しておきましょう。

また細かく指示したからといって、仕上りと予想にはギャップがあることも良くあります。