婚約指輪はダイヤモンドであるべきか

婚約指輪と言えば、キラリと輝く永遠の美しさをもつダイヤモンドが定番となりつつあります。

婚約指輪が高価なものであるのは、このダイヤモンドがあしらわれているからという理由もありますよね。

男性にしてみれば、これから結婚の準備やら、新生活の必需品を購入したりと何かと出費が嵩むときなので、おまけにダイヤモンドの婚約指輪なんて…なんて思っている人もいるのではないでしょうか?

では、なぜ、婚約指輪はダイヤモンドが一般的になってきているのでしょうか?婚約指輪はダイヤモンドでなくてはならないのでしょうか?

婚約指輪にダイヤモンドが選ばれる様になったのは、ダイヤモンドが宝石の中でも、いえ、自然界の中でももっとも硬く、他の物に傷つけられることはないというそんな特徴から来ていると言われています。

一生一緒に暮らしていくという誓いを一生変わること無く、永遠に壊れることはないダイヤモンドにかけているということです。

また、ダイヤモンドというのは、一生価値がなくなるものではありません。

その時代の相場というのはありますが、決してゼロになることのない、揺るがないものでもあります。

婚約指輪がダイヤモンドではなくてはならないということではありませんが、ダイヤモンドの婚約指輪を購入することで、それは二人にとって愛の証だけではなく、一生の資産ともなります。

ダイヤモンドには色や透明度、カット、重さでグレードがありますが、良いものを選べば、当然、その評価は変わること無く、永遠に残されるものとなります。

This entry was posted in 宝石.